夫が40歳半ばで高校教師を退職、コーヒー豆専門店コーヒーストーリー・ニシナ屋を開くことに!それを支える妻K子!つい頑張りすぎる自分に、ボチボチやろうよと言い聞かせる毎日です。


by coffee-story
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
父にしては歳をとった店主とその娘の不思議な二人旅。

お昼をどこにするか。
奈良は何度か訪れていますが、一回「三輪素麺を食べてみたい」と思っていました。
ということで、次の目的地京都に向かう途中ということもあり、三輪素麺をいただきに向かいました。
さらに、なぜかマコが、「纏向遺跡の資料館を見たい」と言い出したものですから、
ちょうど良いと思い、大神神社を目指して、飛鳥を出発しました。


大神神社は、三輪山をご神体とし、我が国最古の神社と言われています。
この圧倒的な鳥居に肝をつぶされます。マコも、この迫力には圧倒されていました。
神社の近くで、私は念願の三輪素麺をいただきました。
すみません。その時の写真はありません。
細い麺で、芯があって美味しい素麺でした。早速、お土産にも買いました。

資料館には、1時間弱いましたでしょうか。マコも食い入るように遺物を見ていました。
面白いんでしょうねぇ。

2日目最後は、伏見稲荷。これもマコのリクエストです。


マコは、やはり千本稲荷を見たかったようです。
外国人の行きたい観光地No1だそうです。
時間がなかったため、慌ただしい伏見稲荷でした。それでも、マコは満足だったようです。


宿泊は、京都市内でも北の宝ヶ池にある「グランドプリンスホテル京都」
ちょっとリッチにホテルを楽しみました。

3日目は京都見学。次回をお楽しみに。

今日のコーヒーは、コンゴKIVU3。
少し苦みがあり、深味のあるコーヒーです。
少しばかり睡魔が襲ってきていたので、ちょうど目がぱっちりしました。
アフリカ系のコーヒーを楽しみました。


コーヒーストーリー・ニシナ屋では、
ネット販売もしています063.gif
コーヒーストーリー・ニシナ屋は、
広島・中の棚のみよし食堂の2階、稲荷神社のとなりです。
広島市中区立町1-12 イナリビル2F
TEL・FAX (082)246-8763
皆様、どうぞこの広島ブログをぽちっとクリックしてやってください。
よろしくお願いします。

広島ブログ


[PR]
# by coffee-story | 2018-09-06 12:00 | 我が家のこと
父にしては歳をとった店主とその娘の不思議な二人旅。

奈良・京都の旅も最終日。
この3日間、当初の天気予報では初日雨が降るということでしたが、実際には、3日間とも良い天気。
しかも、湿度が低く、この時期としては最高の天候でした。

最終日は、これまたマコのリクエストで、銀閣に行きました。
実は、私も銀閣を訪れるのは初めてです。
ただ今回は、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒だったため、東山は坂のあるところが多く、二の足を踏んでいました。
駐車場から銀閣までの坂道を四人で上りました。
金閣には、3年前に訪れているため、その比較話に花が咲きます。
個人的には、現在の日本文化に直結する東山文化を代表する銀閣の方が好みです。
マコは、またまた写真三昧。なかなか上手に撮っていましたよ。 
       
マコが撮った写真
        

これは私が撮った記念写真

最終日で時間がないため、すぐに移動。
今度は、二条城にやってきました。
二条城は、何といっても大政奉還。
徳川慶喜が、諸藩の重臣を集めて大政奉還を表明したのは、二の丸大広間。
徳川慶喜は、実は一度も江戸城に入ったことのない唯一の将軍です。
もちろん、将軍の時以外では登城していますが。
幕末、慶喜の時代における、政治の場は、江戸ではなく京都でした。
マコちゃん、大興奮で二の丸を見学していましたよ。

        

旅の最後に訪れたのは、西本願寺。


少々疲れていたので、休憩もかねてお参りしました。
元気なのはマコちゃんだけ。

次の写真をご覧下さい。


西本願寺の縁板にはめ込まれた、扇などの形をイメージした木片。
これは、縁板が長い間に穴が開いたりした際に、職人さんが遊び心でこのような形にしてはめ込むんだそうです。
マコちゃん、すぐに気がついて、早速写真を撮っていました。
本願寺の方に質問するマコちゃん。先ほどのような答えに喜んでいました。


良い時間になったので、レンタカーを返しに京都駅に。
途中、京都といえば東寺。五重塔を写真に収めて、新幹線で広島へ。
いろいろなマコちゃんの側面を見た3日間でした。

今日は、新入荷豆「マンデリン リントン」をいただいています。
広島弁で言うと、「ぶちうまい」。
滑らかな苦みとすっきり感のある後味。コクも感じられる逸品です。
外を見ると、良い天気。
スッキリした天気の日にいただくと、美味しさ倍増。
良い豆が入りました。



コーヒーストーリー・ニシナ屋では、
ネット販売もしています
063.gif
コーヒーストーリー・ニシナ屋は、
広島・中の棚のみよし食堂の2階、稲荷神社のとなりです。
広島市中区立町1-12 イナリビル2F
TEL・FAX (082)246-8763
皆様、どうぞこの広島ブログをぽちっとクリックしてやってください。
よろしくお願いします。

広島ブログ


[PR]
# by coffee-story | 2018-09-06 12:00 | 我が家のこと
父にしては歳をとった店主とその娘の不思議な二人旅。

石舞台古墳から飛鳥寺方向に少し戻ったところにあるのが、「伝飛鳥板蓋宮」。
小学校で習う日本の歴史で、誰もが知っているあの事件。
「乙巳の変」というとわからないかもしれませんが、大化の改新へと進む蘇我入鹿暗殺事件。
中大兄皇子と中臣鎌足が画策して起こした余りにも有名な事件です。
その舞台といわれているのが、この「伝飛鳥板蓋宮」です。
現在は、写真にあるように、何も建物のない広場です。
マコにとっても衝撃の大きな歴史舞台だったようです。


続いて訪れたのが、「高松塚古墳」。
私が小学生の時に発見された、あの壁画。記念切手にもなりましたよね。
今もあの壁画は、学校の教科書や図説に出てきます。
劣化が進んでおり、保存に苦慮されているようです。
現在の日本とは違う風俗で描かれている壁画は、大陸との関係を伺わせますよね。
駐車場より少し離れているため、少々歩かなければなりません。
母も手押し車を押しながら付いてきました。
壁画そのものは見ることが出来ませんが、その模写を資料館で見ることが出来ます。
この古墳の石室に、あの壁画が描かれているなんて・・・と高松塚古墳を外から眺めていると、想像が膨らみます。


今日は、軽めのキューバをいただきました。
「キューバにコーヒーあるの?」と言われる方もおられますが、
有名なブルーマウンテンの産地ジャマイカと同じ、カリブ海に浮かぶ島国です。
あまり深煎りせず、軽いタッチで、上品な香りを楽しむ。
ファンの方も多いコーヒー豆です。
ブラックで飲むと、その良さが引き立つのではないでしょうか。

コーヒーストーリー・ニシナ屋では、
ネット販売もしています
063.gif
コーヒーストーリー・ニシナ屋は、
広島・中の棚のみよし食堂の2階、稲荷神社のとなりです。
広島市中区立町1-12 イナリビル2F
TEL・FAX (082)246-8763
皆様、どうぞこの広島ブログをぽちっとクリックしてやってください。
よろしくお願いします。

広島ブログ


[PR]
# by coffee-story | 2018-09-03 13:41 | 我が家のこと
父にしては歳をとった店主とその娘の不思議な二人旅。

いよいよ、今回の旅の目的地「飛鳥」。
娘のマコも楽しみにしていた地です。
1学期に学校で作った歴史新聞。参観授業の際に掲示してあったマコの新聞を見てみると、
内容はともかく、見出しが圧倒的に面白い。
「聖武天皇大パニック」「飛鳥にも大仏がある!?」
その飛鳥大仏を見るのがマコの大きな目的の一つでした。
マコちゃん、飛鳥寺に到着するや大興奮。早速、飛鳥大仏とご対面。
写真を撮っても良いか、お寺の方に確認。
どうやら、夏の自由研究に歴史旅を題材とした歴史新聞を作るみたい。
ひとしきり写真を撮ると、質問タイム。お寺の方もタジタジの様子。
仏像の手はいろいろな組み方をしていますね。
事前にいくらかの知識を入れていたものですから、その手の組み方について話が弾んでいました。


飛鳥寺のすぐそばには、蘇我入鹿の首塚。

そして、石舞台古墳へ。
石室に入ると、ガイドさんがお話中。
これまたマコちゃん大興奮。
メモを取りながら、質問攻撃。
もちろん写真も撮っていましたよ。
蘇我馬子の墓ともいわれる石舞台古墳。
飛鳥時代にタイムスリップしたかのような、緩やかな時間が過ぎました。


飛鳥の後半は、また次回に。

朝晩は少し涼しさを感じるようになったこの頃です。
ホットコーヒーもそろそろ美味しい季節に入りそうです。
今朝はTABIをいただきました。
コロンビアのコーヒーで、まさにコロンビアマイルドを味わえる逸品ですね。
コクがあり、豊かなコーヒータイムを演出してくれます。
私は、コロンビアのコーヒーが好きなので、ブレンドのベースにもよく使います。
コロンビア TABI フォルトゥナ農園楽しめるコーヒーです。


コーヒーストーリー・ニシナ屋では、
ネット販売もしています
063.gif
コーヒーストーリー・ニシナ屋は、
広島・中の棚のみよし食堂の2階、稲荷神社のとなりです。
広島市中区立町1-12 イナリビル2F
TEL・FAX (082)246-8763
皆様、どうぞこの広島ブログをぽちっとクリックしてやってください。
よろしくお願いします。

広島ブログ


[PR]
# by coffee-story | 2018-09-03 13:37 | 我が家のこと
父にしては歳をとった店主とその娘の不思議な二人旅。

2日目。最初に訪問したのが、石上神宮。
物部氏を祀った、由緒ある神社。
日本史の教科書には、「七支刀」で出てくる神社です。
朝いちということもあり、きりりとした雰囲気の神域。
山辺の道が神社域内を通るということも気になるところでした。


いよいよ今回の旅行の目的地に一つ、飛鳥。
石上神宮から南へ車を走らせます。
その途中。巨大な古墳が。
マコも大興奮。
その古墳とは・・・。箸墓(はしはか)古墳。
卑弥呼の古墳ともいわれているけれども、当然ながらはっきりしていません。
ただ、3世紀中頃の古墳としては、圧倒的な大きさと存在感。
宮内庁によって第7代孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓として管理されている。


飛鳥は次回紹介します。

今日のコーヒーは、「隆盛ブレンド」。
西郷隆盛は、現在NHKの大河ドラマの主人公ですね。
私にとっては、なかなか複雑な人物で、敬意とともに不気味さも兼ね備えた人物という印象です。
その奥行きのある、深い人生を表現しようとしたのが、この「隆盛ブレンド」。
煎り具合をフルシティにしているので、深味と苦みが特徴のブレンドです。
最近は、浅煎りのコーヒーが注目ですが、コーヒーらしい深煎りのコーヒーも美味しいですよね。
そのコクを感じながら、ホッとしたひとときを楽しみました。

コーヒーストーリー・ニシナ屋では、
ネット販売もしています
063.gif
コーヒーストーリー・ニシナ屋は、
広島・中の棚のみよし食堂の2階、稲荷神社のとなりです。
広島市中区立町1-12 イナリビル2F
TEL・FAX (082)246-8763
皆様、どうぞこの広島ブログをぽちっとクリックしてやってください。
よろしくお願いします。

広島ブログ


[PR]
# by coffee-story | 2018-08-28 18:04 | 我が家のこと